顔面の老化プロセスについて

以下の5つの部分の劣化が総合されて老け顔が進行していきます。

1.支持靭帯の劣化
支持靭帯の経年劣化

例えるなら支持靭帯は骨から生える木のようなもので、皮膚・皮下組織・表情筋をがっちり支える線維性の組織です。しかしこの靭帯も経年劣化を受けてたるみます。

2.顔面骨格の劣化

おでこ、側頭、上あご、下あごの骨は加齢により吸収されてしまい、くぼんで行きます。眼、鼻の骨は拡大していきます。顔面骨格が徐々に老け顔の土台になっていきます。

3.皮下脂肪の劣化

顔の脂肪は年齢とともに萎縮し小さくなります。また支持靭帯のたるみに伴って脂肪も下垂して、しわ・たるみの原因になります。

4.筋肉の劣化

顔の表情をつくる表情筋も骨にほとんど付着していないなど特殊な性質があり、時間とともにたるんできます。

5.皮膚の劣化

太陽光を浴び続けると真皮弾性線維が破壊され、皮膚の張りが失われていきます(日光弾性線維症)。そのためたるみ、シワが増加します。

フェイスリフトについて

顔面のたるみは支持靭帯、皮下脂肪、筋肉、皮膚の総合的な劣化でもたらされます。

劣化部位                    治療

支持靭帯                    1.ヒアルロン酸
                        2.糸リフト

皮下脂肪                    1.HIFU
                        2.糸リフト
                        3.bFGF-PRP

筋肉                      1.HIFU

皮膚                      1.HIFU
                        2.PRP
                        3.ベビーコラーゲン、コラーゲンブースター

以上のように、顔面のたるみに対してHIFUには広い治療域があること、またいくつかの治療を組み合わせるのがより効果的なことがわかります。

MENU
PAGE TOP